アイの完熟トマト日記

私アイの日常について。
現在大学3回生です。対人恐怖、過敏性腸症候群の治療中。2回生のときに休学経験あり。挫けそうだけど、頑張るしかないね(*・・)ノ☆

マンガ

眠れないのでブログ書きます。


久しぶりに読んだマンガがあります。


「地獄少女」


私が小学生の頃流行っていた。たしか、「なかよし」に連載されていて、コミックにもなっていた。


小学生の頃は、怨みなんて無縁だったから、ただ面白く見てたけど、今となってはなんだか心を揺さぶられるお話だ。


地獄通信に怨んでいる相手の名前を書き込むと地獄少女が現れわら人形を渡される。そして、わら人形についている赤い糸を引くことで地獄少女との契約が成立する。つまり怨んでいる相手を地獄に落とすことができる。しかし、その代償として胸に刻印が残り、自分自身も死後は地獄に落ちて一生苦しまないといけないという。こんな感じかな〜、お話の流れとしては。


死後、自分の魂がどこへ行くのかなんて分からないけれど、憎い相手を地獄に落として、自分までも地獄に落ちるなんて本末転倒だなと思います。憎い相手のことは考えないようにして忘れるか、その人を超えられるように勉強なり仕事なりを頑張るなどというのが得策かと私は思います。また、自分の気持ちは言わずとも相手に伝わるものですから、こちらが怨んでいれば相手にもそれが伝わりお互い気持ちよくないでしょう。だからと言って、人を怨むなというのも難しいですけどね。



地獄少女のお話の中で、教師が生徒をいじめて(生徒の筆箱や靴箱の中に毛虫を入れたり、昼休みに更衣室へ呼び出し酷い仕打ちをしたり)、最終的に生徒から復讐を受けるというものがあります。その教師は自分でいじめた生徒を慰めてあげたり励ましてあげたりするので、生徒はその先生のことを味方だと信じ込みます。しかし、とうとういじめをしているのが先生だと気付き、生徒は深い深い憎しみの念を覚えます。そりゃ、信じていた人に裏切られたら悲しかったり、失望したり、恨んだりするのも当然です。最終的にその生徒は教師から塩酸をかけられ「あなたを実験するの楽しかったわ」と言われ、わら人形の糸を引きます。


教え子に嫌がらせをするなんて教師失格だから地獄に流されて当たり前だと思いました😐


人の命は皆平等で大切なものだけど、悪いことをしたらそれなりの報いは受けるべきかと…。地獄に落とすのはやり過ぎですが…。


地獄少女が今年の夏頃にまたアニメ化されると聞いて久しぶりに読んでみました。


絵のタッチも好きです。


そして、地獄少女の閻魔あいちゃんが美しいんです。